【EMF21/JP】DAY4_B:ダークエコロジーの共鳴領域(篠原 雅武氏・ナイル・ケティング氏) | Ecological Memes

1/7

【EMF21/JP】DAY4_B:ダークエコロジーの共鳴領域(篠原 雅武氏・ナイル・ケティング氏)

EMF21_DAY4_B.pdf

¥5,000 tax included

Download URL
You can DL after purchase (111230byte)

商品名:【EMF21/JP】DAY4_B:ダークエコロジーの共鳴領域(篠原 雅武氏・ナイル・ケティング氏)
形式:オンラインセッションの録画コンテンツ
言語:日英両方でご視聴可能(同時通訳)

※本商品は2021年3月18日-21日に開催された「Ecological Memes Global Forum 2021 あわいから生まれてくるもの - 人と人ならざるものの交わり- 」のセッションアーカイブになります。
※購入後、映像閲覧用のURLとパスワードの記載されたPDFをダウンロードすることができます。日英両方でご視聴いただくことが可能です。
※学生・奨学割引(30%off/50%offからお選びください)およびeumoのご利用を希望される方はご連絡ください。(Ecological Memesは共感型コミュニティ通貨eumo加盟店です)

DAY4_B:ダークエコロジーの共鳴領域(篠原 雅武氏・ナイル・ケティング氏)

Ecological Memes Global Forum 2021(03.18-21.2021)
あわいから生まれてくるもの - 人と人ならざるものの交わり-

DAY4_B:ダークエコロジーの共鳴領域(篠原 雅武氏・ナイル・ケティング氏)

私たちはこの世界をいかに経験しているのだろうか。
『自然なきエコロジー』の著者ティモシー・モートンは、自然を幻想美・消費的に捉えてしまうロマン主義的な観念とは正反対の美的態度から「ダークエコロジー」を提唱し、人為的な世界を拡張し続けてきた存在として自らを自覚することからエコロジカルな目覚めははじまるのだと語る。本セッションでは、哲学者・篠原 雅武氏とアーティスト・Nile Koetting氏が、モートンの議論を導きにして、ダークエコロジー、アーティフィシャリティ、惑星世界と物質性、ディストピアな未来における共生などのテーマをめぐって考えつつ、人間が支配的アクターでなくなった時代における共鳴領域を探る。

[Index]
-COVID-19のリアリティ
-バーチャルとリアルのはざま
-観客なき劇場、プログラムされた振り付け
-微生物の集まりとしての人間という感覚
-人間の境界はどこにあるのか
-人間存在そのもののわからなさ・不気味さと共にある
-アイデンティティは日本語にはない
-ティモシーモートンをおすすめしてくれたのはAmazonだった
-自然保護思想はもう通用しない

[ナビゲーター]
・篠原雅武(哲学者)
1975年生まれ。京都大学大学院総合生存学館(思修館)特定准教授。主な関心領域は、現代哲学、環境人文学、建築、現代アート。主な著書として、『複数性のエコロジー』(以文社、2016年)、『人新世の哲学』(人文書院、2018年)、『「人間以後」の哲学』(講談社選書メチエ、2020年)。主な翻訳書として『社会の新たな哲学』(マヌエル・デランダ著、人文書院、2015年)、『自然なきエコロジー』(ティモシー・モートン著、以文社、2018年)。

・Nile Koetting(アーティスト)
ナイル・ケティングは、パーフォマンスやサウンド、ヴィデオなど、あらゆるメディアを取り入れたインスタレーション作品で知られる。 その創作活動は、技術進歩に伴う時間と場において、物質–非物質、生物–無生物の狭間の往来に新たな洞察を加えている。
近年の主な展覧会に、「Anticorps」パレドトーキョー、パリ(2020)、「保持冷静」センターポンピドゥxウエストバンド上海(2019-2020)、クンストフェライン・ゲッティンゲン、ゲッティンゲン(2019)、Somerset House、ロンドン(2018)、「第7回モスクワ国際現代美術ビエンナーレ Clouds⇄Forests」 新トレチャコフ・ギャラリー国立トレチャコフ美術館内、モスクワ(2017)、「Made in Germany Drei」クンストフェライン・ハノーファー、ハノーファー(2017)、「曖昧な関係」銀座メゾンエルメスフォーラム、東京(2017)、「GLOBALE: New Sensorium」ZKM、カールスルーエ(2016)、「六本木クロッシング2016展:僕の身体、あなたの声」森美術館、東京(2016)、Hebbel Am Ufer、ベルリン(2016)、などがある。https://nileshaw.org/

[本フォーラムについて]
Ecological Memes Global Forum 2021では「あわいから生まれてくるもの - 人と人ならざるものの交わり- 」をテーマに、ビジネス・アート・エコロジーの新たな領域を切り拓く多彩なゲストを国内外からお招きし、人類と人ならざる存在とが共に向かっていくべきこれからの時代の思想・哲学やビジネス実践、社会実装の方法論を探索しました。
詳細はこちら:https://www.forum.ecologicalmemes.me

[商品詳細]
商品名:【EMF21/JP】DAY4_B:ダークエコロジーの共鳴領域(篠原 雅武氏・ナイル・ケティング氏)
形式:オンラインセッションの録画コンテンツ
言語:日英両方でご視聴可能(同時通訳)

※本商品は2021年3月18日-21日に開催された「Ecological Memes Global Forum 2021 あわいから生まれてくるもの - 人と人ならざるものの交わり- 」のセッションアーカイブになります。
※購入後、映像閲覧用のURLとパスワードの記載されたPDFをダウンロードすることができます。日英両方でご視聴いただくことが可能です。
※学生・奨学割引(30%off/50%offからお選びください)およびeumoのご利用を希望される方はご連絡ください。(Ecological Memesは共感型コミュニティ通貨eumo加盟店です)

  • Payment method

¥5,000 tax included

同じカテゴリの商品
    セール中の商品